EPARK歯科 24時間受付中 WEB予約はこちら

〒803-0845
福岡県北九州市小倉北区上到津2-3-38

TEL:093-571-3616

北九州市小倉北区の循環器内科、漢方内科、糖尿病内科なら土倉内科循環器クリニック

循環器内科

患者様の声

求人情報

クリニックBLOG

HOME»  循環器内科

循環器内科

動悸・息切れ・胸痛はありませんか?
心臓疾患だけでなく、高血圧・高脂血症・糖尿病といった生活習慣病など内科全般に対応できます。

循環器内科一覧

動悸

動悸は「ドキッとする」「ドキドキする」「脈がバラバラ」など、さまざまな感じ方があります。いずれにしても心臓の拍動の異常感覚であり、きちんとしたアプローチが必要になります。
①動悸を感じる正体を調べる
まずは心臓由来(不整脈)か、それ以外かを調べます。心電図を行いますが、動悸が起きている時に検査をしないと正体がわからないため、24時間装着する心電図(ホルター心電図)で調べることが多いです。そこで不整脈の有無や不整脈のタイプを把握します。
②背景にある原因を調べる
不整脈がなければ、甲状腺機能亢進症、貧血、薬剤(シロスタゾールなど)、心理的な要因、体質などを鑑別として考えます。不整脈があった場合、「たちが良い」(上室性期外収縮・心室性期外収縮など)、「たちが悪い」(心房細動・心室頻拍など)を判断します。「たちが良い」場合は、特にお体に影響はないため、動悸症状が気にならなければ様子をみてよいですが、減らしたいという場合には治療をご提案致します。「たちが悪い」場合には専門の病院をご紹介することもあります。
不整脈があった場合は、電解質の異常や心不全の合併などもチェックします。
動悸が激しい場合、失神する場合などはすぐに救急病院を受診した方がよいでしょう。
③治療する
治療方法としては、内服薬(錠剤)、経皮的カテーテル心筋焼灼術(専門病院)、漢方薬などの選択肢があります。動悸の原因と、患者さんのご希望を総合してご提案させて頂きます。

息切れ

原因として考えられる病気は、心臓(心不全・虚血性心疾患)、肺(慢性閉塞性肺疾患・肺炎・肺癌・気管支喘息・肺塞栓症)、貧血、足腰の問題、精神的な関与などがあります。
これらの病気を診断する上でまず大事なのは息切れのパターンを把握することです。
①いつから?(数日前・数ヶ月前など)
②急に・徐々に
③悪化している・変わらない
④どのような時に悪化する?動いた時・寝た時・ストレスな時など
⑤他の症状は?咳・痰・喘鳴・むくみなど
これらはいかがでしょうか?
さらに診断するにあたり、採血、レントゲン、超音波、呼吸機能検査などが必要になりますが、すべて当院にて行うことができます。
また、病気の原因が分かれば自ずと治療法が決まりますが、場合によっては専門病院への受診が必要なこともあります。

胸痛

原因として考えられる病気は、心臓(狭心症・心筋梗塞・心膜炎)、肺(肺炎・胸膜炎・気管支痙攣)、胸壁(肋骨の痛み・神経痛)、消化管(食道痙攣・胆石症)、皮膚(帯状疱疹)、精神的な関与などがあります。
最も注意すべき病気は心臓疾患(狭心症・心筋梗塞)です。心臓疾患は、「範囲が手のひらサイズで、性状は苦しい・しめつけられる」ことが多く、「範囲が狭く、性状は苦しい<痛い、チクチク、ズキズキ」などは可能性が低くなります。
また、咳や吸気時に増悪する胸痛の場合には、肺や胸壁の痛みを疑います。
診断するにあたり、採血、レントゲン、心電図、超音波などが必要になりますが、すべて当院にて行うことができます。
また、病気の原因が分かれば自ずと治療法が決まりますが、場合によっては専門病院への受診が必要なこともあります。

むくみ

むくみは①片側性②両側性で大きく分類されます。
それぞれの原因として、①深部静脈血栓症・リンパ浮腫・蜂窩織炎・腫瘍による圧迫・外傷後の変化②心不全・腎不全・肝硬変・甲状腺機能低下症・薬剤(ステロイドなど)、生理的などがあげられます。
いつ頃から(数日前・数ヶ月前)、発症様式(急に・徐々に)、経過(悪化・著変なし)、むくみの性状(硬い・軟らかい)などの情報も大事になります。
さらに診断するにあたり、採血、レントゲン、超音波などが必要になりますが、すべて当院にて行うことができます。
また、病気の原因が分かれば自ずと治療法が決まりますが、場合によっては専門病院への受診が必要なこともあります。

高血圧

Q1:なぜ高血圧は悪いのでしょうか?
A1:血圧が高い場合、血管に負担がかかり、動脈硬化が進行していきます。動脈硬化が進行すれば、心疾患、脳卒中、腎疾患など血管の病気にかかりやすくなります。血圧が高いだけでは自覚症状はあまりないですが、心臓発作や麻痺などの症状が出現したときには手遅れのこともありますので、自覚症状がない時から予防することが大事になります

Q2:どの値から高血圧でしょうか?
A2:収縮期血圧が140mmHg以上、あるいは拡張期血圧が90mmHg以上であれば高血圧と判断します。ここで大事なのは、参考にする血圧値が本来の血圧を反映していることです。そのためには自宅でも血圧(起床時排尿後と寝る前の2回)を測定することをお勧め致します。例えば、病院や健診で収縮期血圧が180mmHgと高くても、自宅で120mmHg程度であれば治療対象になりません(緊張などで血圧は簡単に上昇します)。また、夜が130mmHgでも朝が160mmHgと1日の中で差があることもあります。基本的に血圧は24時間下がっている方が良いと言われています。

Q3:いつからお薬(降圧剤)を飲んだほうが良いでしょうか?
A3:まずは食事療法(主に塩分制限)や運動療法を行い、適切な血圧値まで下がれば降圧剤を飲む必要はありません。肥満の方は痩せるだけで血圧が下がることもあります。それでも不十分な場合は降圧剤を検討します。早い段階から適切に血圧を下げていたほうが動脈硬化の進行を予防できますので、40歳代でも血圧が高い人には治療をお勧めしています。当院は漢方も専門にしておりますが、血圧を下げる効果は弱いため、西洋薬を第一選択としております。

Q4:お薬は一生飲まなければいけないでしょうか?
A4:必ずしもその必要はありません。例えば、降圧剤を飲みながら食事療法や運動療法によって血圧が安定すれば、降圧剤を減量・中止できることもあります。ただ、遺伝・体質・年齢(血管が硬くなる)などの影響が強い場合は根本的に治らず、降圧剤の減量が難しい場合もあります。お薬の副作用には注意する必要がありますが、服薬の有無よりも血圧を安定させて動脈硬化の進行(その先にある心疾患や脳卒中)を予防することの方が大事と思われます

Q5:どのようなことに気をつけたら良いでしょうか?
A5:まずは血圧が上がる疾患や要因が隠れていないかを調べる必要があります(血圧が上昇する原因がある場合を二次性高血圧といいます)。例えば、睡眠時無呼吸症候群、原発性アルドステロン症、腎疾患、甲状腺疾患、脳疾患、薬剤性(漢方薬の甘草、ステロイドなど)、ストレスなどがあります。これらが原因の場合は、疾患の治療・原因の除去により血圧が下がる場合もあります。また、自宅での定期的な血圧測定(家庭血圧)も大事です。ぜひ血圧の経過を医師に見せて、お薬を調節してもらいましょう。降圧剤は効果発現までにしばらく時間がかかるため、血圧が高い時のみ服用するよりも、普段から毎日服用して調節していく方が望ましいです。

Q6:貴院へ受診した場合はどのような流れになりますか?
A6:
〈未治療の場合〉
①高血圧症の診断をします(上記A2のように自宅での血圧も参考にします)。
②二次性高血圧を調べます(A5参照)。
③可能な限りの食事療法、運動療法をご提案します。
④それでも難しい場合は降圧剤を検討します。
まずは1錠から開始しますが、目標血圧までに達成しない場合は少しずつ増量していきます。最近は、合剤(2錠のお薬が1錠に合わさっている薬剤)もあるため、お薬の数を増やさずに増量することも可能です。
⑤血圧をみながら降圧剤を増減していきます。
〈治療中の場合〉
①現在服用している降圧剤を見直します。
②可能な限りの食事療法、運動療法をご提案します。
③降圧剤の減増、変更などを検討します。なるべくお薬は必要最低限になるよう心がけます。

高コレステロール血症

準備中

糖尿病

準備中

虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)

準備中

心不全

準備中

不整脈

準備中

閉塞性動脈硬化症

準備中

睡眠時無呼吸症候群

準備中

循環器Q&A

準備中

Top